スタッフの研究業績

スタッフの研究業績については、Researchmapを参照してください。当研究室の発表した論文のほとんどは、北海道大学HUSCAPから無料で閲覧できます。

松本謙一郎

大井俊彦

堀千明

冨田 宏矢

学生の研究活動

研究室全体の研究業績については、スタッフのResearchmapを参照してください。

原著論文

  • Arai S., Sakakibara S., Mareschal R., Ooi T., Zinn M., Matsumoto K.: Biosynthesis of random-homo block copolymer poly[glycolate-ran-3-hydroxybutyrate (3HB)]-b-poly(3HB) using sequence-regulating chimeric polyhydroxyalkanoate synthase in Escherichia coli. Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, 2020 accepted.
  • Sudo M, Hori C, Ooi T, Mizuno S, Tsuge T, Matsumoto K.: Synergy of valine and threonine supplementation on poly(2-hydroxybutyrate-block-3-hydroxybutyrate) synthesis in engineered Escherichia coli expressing chimeric polyhydroxyalkanoate synthase. Journal of Bioscience and Bioengineering, S1389-1723(19)30785-6 (2019), PubMed Doi: 10.1016/j.jbiosc.2019.09.018.

学会発表

  • 川上 智也、影山 友基、冨田 宏矢、磯野 拓也、佐藤 敏文、松本 謙一郎:配列制御型酵素を用いたエラストマー様ポリエステルの生合成 2021年度生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のオンラインセミナー 2021.7.17
  • 佐藤 圭悟、影山 友基、藤井 隆之輔、松本 謙一郎:微生物産生ブロック共重合体ポリマーの構造機能相関の解析 第10回 JACI/GSCシンポジウム 2021.6.29
  • 柳川 謙吾、荒井 修造、榊原 早也果、Mareschal Robin、大井 俊彦、Zinn Manfred、松本 謙一郎 : 配列制御型ポリヒドロキシアルカン酸合成酵素を用いたランダムホモブロック共重合体グリコール酸ポリマーの生合成 日本農芸化学会2021年度大会 東北大学大学院 仙台 2021.3.20
  • 藤原 悠暉,齋藤 樹理,永田 暁洋,大潟 祥梧,二宮 太樹, 谷口 遼,松本 直己,堀 千明,大井 俊彦,蘆田 弘樹, 松本 謙一郎 : RuBisCO 経路を利用した組換え大腸菌によるポリヒド ロキシアルカン酸の合成と RuBisCO 評価系への応用 日本農芸化学会2021年度大会 東北大学大学院 仙台 2021.3.20
  • 梶川彩香、榊原早也果、荒井修造、大井俊彦、堀千明、松本謙一郎:新規配列制御型グリコール酸ポリマーの生合成と構造解析 日本農芸化学会2020年度大会、九州大学、福岡 (O) 2020.3.27
  • 佐藤 圭悟、影山 友基、藤井 隆之輔、松本 謙一郎:微生物産生ブロック共重合体ポリマーの構造機能相関の解析 日本農芸化学会2020年度大会、九州大学、福岡 (O) 2020.3.27